2019年9月17日火曜日

光風 41号「まるで学園ドラマ」

kofu0041_00 kofu0041_01 kofu0041_02 kofu0041_03 kofu0041_04 kofu0041_05 kofu0041_06 kofu0041_07 kofu0041_08 kofu0041_09 kofu0041_10 kofu0041_11 kofu0041_12 kofu0041_13 kofu0041_14 kofu0041_15 kofu0041_16 kofu0041_17 kofu0041_18 kofu0041_20 kofu0041_21 kofu0041_22 kofu0041_23 kofu0041_24 kofu0041_25 kofu0041_26

 のぞみ寮では世代交代が始まっています。諸事情で全員が揃っていなかった光風館は、「全員が揃うまでは新しい委員会を決めたくない」という、光風生の強い意志を尊重し、他の館に遅れること一週間。先週の木曜日に新しい委員会の選挙を行いました。

kofu0041_27 前日の水曜日に2年生がミーティングをして、誰がどの委員会に立候補するかの確認をします。翌日の選挙で、全員からの信任が得られれば、晴れて希望する仕事につけるというわけです。別に、教師が決めたわけではありませんが、一人一役が彼らの中では当たり前になっており、どの委員会に何人必要なのかも彼らが話し合って決めます。
 立候補した光風生は、前に立って決意表明をし、その後、質疑応答になります。「今の君にその仕事が務まるのか?」そんな意の込められた、ストレートな意見をぶつけられることもあります。気心知れてるだけに、学校の教室ではありえないやり取りが行われ、まるで学園ドラマの一幕を見てる気分にさせられます。
 さあ、新たなスタートどんな館を作ってくれるのか?彼らに期待したいです。



2019年9月14日土曜日

めぐみ館 20号「2年生始動!!一人ひとりの思いを合わせて~2年生合宿」

  後期がスタートして3週目に入りました。学校、寮生活のリズムも戻ってきたように感じます。3年生は進路に向けてそれぞれに持つ目標に向かって本格的に取り組んでいます。

 のぞみ寮の運営も3年生から2年生へバトンする世代交代の時期がやってきました。2年生は世代交代に向けてミーティングを重ねています。ミーティングを通してチームの課題、自分自身の課題にぶつかります。受け入れられなかったらと,自分の思いを伝えることに戸惑う生徒が多くいますが、ミーティング中の対話も深まってきました。伝えあうことで、仲間の思いをあらためて知ります。涙ながらに語る仲間の思いに、一人ひとりの心が揺さぶられる瞬間があります。「知っているようで知らなかった」「気づいていなかった」気づけない思いにぶつかります。生活を共にしながらも心から互いを語り合うまでには、時間が必要であることに2年生ミーティングからあらためて気づかされました。

 2年生合宿を通して世代交代向けて、もう一度自分たちの関係を深めるために計画をし,思いを合わせることにしました。一人ひとりの気持ちを受け入れ認め合いながら、2年生のこれからの歩みが強められるようにと祈ります。(小菅)

 

 

 

2年生合宿~写真特集~

掃除編~ベランダ、洗濯槽、カーテン洗い、校舎回りのごみ拾い~
 普段は行き届かない所をチームで取り組みました。

megumi0020_01 megumi0020_02 megumi0020_03 megumi0020_04 megumi0020_05 megumi0020_06 megumi0020_07 megumi0020_08 megumi0020_10 megumi0020_12 megumi0020_13 megumi0020_14 megumi0020_16

 

 

 

ブレイクタイムしませんか!?

 掃除を終えた頃、3年生から「水風船で遊びましょう!」とかごいっぱいの水風船が準備されていました。館内放送もされて、めぐみっ子たち有志が集合。リクエストで小菅も参入。みんなでおもいきり楽しむことの喜びを共に感じながら、めぐみっ子たちのキラキラとあふれる笑顔がまぶしかったです。もちろん,楽しんだ後の片づけもしっかりと終えました。(小菅)

megumi0020_31 megumi0020_32 megumi0020_33 megumi0020_34 megumi0020_35 megumi0020_36 megumi0020_37 megumi0020_38 megumi0020_40 megumi0020_41 megumi0020_42 megumi0020_44

 

 

 

礼拝のお話し

「母との特別な時間」          3年 K.K

 夏休みは、ものすごく色々なことがあったのですが、その中で印象的だったことがあります。それは「母と私」の2人きりの時間です。両親共働きで、妹も毎日部活と習い事があるために忙しく、日中は私と愛犬しかいません。そんな中、たまたま「母と私」の2人きりという日がありました。私にとってはあまりにも久しぶりで少し新鮮で、少し変な感じでした。進路の事、またその先の事、大学についての事、人間関係の事等話は弾みました。母とこのような話はケンカになるから絶対にしないと心に決めていた私は、その日はなぜかこのような話が出来てしまったのです。心の奥深くを開けて話をするのは私にとっては、とてもハードルの高いことだというのに、そして自分の考えを言って、母の考えを聞いて、それを通して母のやさしさと愛情に触れることが出来ました。皆さんからしたらごくごく日常で自然なやりとりかもしれません。しかし私にとってはものすごく印象の強い出来事でした。その日は、そうして一日を過ごし、母が夕ご飯を作っているのを見ていたら、「これをゆでる時間はこれくらい」「これは、こう切ったらいいよ」「一人暮らしで作るならこれくらいでいいよ」と母は話はじめました。こんなことまで考えてくれていたのかと、今までにないくらい感謝の気持ちを抱きました。皆さんはこのようなことを体験したことがありますか?今回私は母と2人きりの時間を通してこのような事を体験しました。こんな出来事は、普通にあるという人もそうじゃないという人も家族との時間を大切にしてみてください。やさしさや愛情、感謝を感じる出来事は、日常の中にコロッと落ちています。それを拾って大切な時間を過ごしてほしいと思います。きっとステキな時間になると思います。