2018年6月18日月曜日

めぐみ館通信 2018年6月18日 第100号

やり遂げた実感と満足感 

 フェスティバルが終わって1週間が経ち、日常の生活に戻りました。疲れが残る生徒もまだいますが、気持ちを切り替えて生活を整えられるようサポートしていきたいと思います。「フェスティバルが終わってほっとしました。順位は思うような結果ではなかったけれど、やり切ったという実感と満足感があります」とフェスティバルが終わった夜に静かに語る3年生の姿がありました。「いろいろ大変なこと、面倒なこと、逃げ出したいことがあったけれど、最後まで責任をもって取り組んだことは初めてだった」とも語っていました。

 フェスティバルが終わってゴールではありません。これからが新たなスタートです。この経験を糧として、一人ひとりが歩みを深めてほしいと願っています。行事を終えた表情からは、安堵感と凛とした頼もしさを感じます。2年生は、もう来年に話が進んでいます。目の前にあるチャンスに一つ一つチャレンジしてほしいと願いながら、これからどんな成長ぶりが見られるか楽しみが膨らみます。

 今週は部屋替えです。新たな出会いを通して、心豊かに過ごせるようにと願っています。

 3年生は、いよいよ進路に向けて本格的に始動します。心も体も健康で安心して過ごせるようサポートしていきたいと思います。(小菅)

 

 

実習生を迎えて~帰ってきた先輩~

 45回生F.Nさんが教育実習生としてめぐみ館で3週間過ごしました。Nさんはめぐみ館で過ごした先輩です。毎晩遅くまで授業の準備をしながらも、積極的にめぐみっ子と関わりを持ちながら過ごしてくださいました。Nさんに大学でのこと、敬和で過ごした日々のことなど、毎晩にぎやかに会話が広がっていました。「敬和生として、真摯に生活をしながら、仲間と共に過ごしてほしい。敬和で出会った友はこれからの大きな力となる」と礼拝のお話で語ってくださいました。Nさんの言葉は、めぐみっ子の心にしっかりと届いたと思います。3週間おつかれさまでした。共に過ごせたことに感謝します。ありがとうございました。(小菅)

0618_me01 0618_me02 0618_me03 0618_me04 0618_me05

 

 

 

礼拝のお話 「苦手を克服」   1年K.N

0618_me11 私は大人数の前で話すことが苦手です。仲の良い人ならたくさんいても話すことはできますが、先輩や知らない人の前で話したり、何かを発表したりするのがとても苦手で、本番前は緊張しすぎて気持ち悪くなってしまったり、頭が真っ白になってしまったりもします。でも終わると“やりきった”という達成感でいっぱいになります。中学では人前で話すことはとてもイヤで、達成感よりも怖いから無理という気持ちが強く、人前に出て何かをする仕事をしてきませんでした。そのため自分に自信がありませんでした。そんな時、教会にいた敬和の卒業生の方の勧めで敬和を知りました。オープンスクールに来て、前校長先生の小西先生の「自分に自信のない人は来てください」との言葉は心にとても残り、敬和に入学することを決めました。
 私は敬和でやりたいことがあります。今の自分を変えて成長したいのです。委員会などに入って活動しながら、人前で話せるようになっていきたいと思っています。一人ひとりそれぞれに苦手なことがあると思いますが、一緒に苦手を克服していきませんか?

0618_me12 0618_me13 0618_me14 0618_me15 0618_me16 0618_me17 0618_me21 0618_me22 0618_me23 0618_me24 0618_me25 0618_me26 0618_me27 0618_me28

~フェスティバルまでの取り組みと当日の様子~

様々な壁にぶつかりながら当日を迎えました。本番の笑顔は一人ひとりがキラキラしていました。

 

 

 



2018年5月16日水曜日

光風館通信 2018年5月13日 第509号

< 寮祭 大成功!! >

 4月28日(土)寮祭が行われました。今年、第二部お楽しみ会の出し物で光風館は『走れメロス』のパロディを演じました!!主人公だけが目立つのではなく、ひとり一人の持ち味を活かしたストーリー展開で、会場が笑いに包まれ、大成功でしたね!!1年生は人前で演じることの恥ずかしさを乗り越えて、無事やりきった達成感を感じ、ホッとしたことでしょう!!この経験を想い出ではなく、生きる力に変えていきましょう!!

0513_ko01 ここで一つ質問。この寮祭で出し物をする意味って、何でしょうか?会場全体が盛り上がって、楽しい時間を過ごすこと。お楽しみ会の出し物でどんな1年生がいるのか、知ること。たくさんの人が笑顔になってくれること。それらは素敵な時間であり、本番で笑いを取ることも求められます。でも、その本番のためにどれだけの時間を掛けてきたか、その時間を思い出してほしいのです。寮祭準備期間中、寮祭の練習が仲良くなるきっかけや時間になったこと。練習を重ねることで何にも知らなかった光風生と少しずつ会話と笑顔が増えていったこと。練習が終わった後から一緒に過ごす時間が多くなっていったこと。同じ空間で共有してきた時間、それを通してお互いが同じ光風館に住む大切な仲間だと感じてほしいのです。これこそが寮祭で出し物をする意味だと私は考えています。この寮祭を自分たちの手で成功させた自信と経験を生かして、これからの寮生活でたくさんの仲間と出会ってほしいと願います。(片岡)

0513_ko02 0513_ko03 0513_ko04 0513_ko05 0513_ko070513_ko06 0513_ko08 0513_ko09 0513_ko11 0513_ko12 0513_ko13

 

 

 

 

 

< 礼拝のお話 >

『影の者たち』    K.F2年・愛知県みよし市出身)

 私の将来の夢は、ディズニーキャストです。今日は、そんなディズニーキャストについて話したいと思います。みなさんは、ディズニーリゾートで白いコスチュームと箒・塵取りを身にまとったキャストをご存知ですか?ちなみに、そのキャストの名前もご存知ですか?そのキャストは“カストーディアル”という名前です。その方たちは、主にパーク内の掃除をしています。私も何度かディズニーリゾートを訪れて、そのキャストを見て、私たちゲストのために一生懸命掃除をしていて、とても素晴らしく思いました。
 しかし、昼間だけでなくゲストがいなくなった真夜中でも、掃除をしている人たちがいることをみなさんは知っていましたか?そのキャストのことを“ナイトカストーディアル”と言います。その方々の昼間のカストーディアルと仕事は同じで掃除をしています。でも、カストーディアルはその場にいるゲストのために掃除をしています。では、ナイトカストーディアルはいったい誰のために掃除をしているのでしょうか。それは、明日来るゲストのためなのです。この人たちのおかげで毎日のディズニーリゾートがあるのです。
 私たちの身の周りにもこのナイトカストーディアルのような影で働く、言わば縁の下の力持ちの人たちがたくさんいます。ですが、その人たちの存在を知っている人は限りなく少ないと思います。それなのに、なぜその人たちはそんな誰からも自分の存在を知ってもらえない仕事をするのか、私は理解出来ませんでした。
 私は気になった挙げ句、1つの本を読みました。その本の名前は『ディズニーのそうじの神様が教えてくれたこと』という本です。その本は、著者の鎌田 洋さんが実際にキャストの仕事であった出来事をまとめた本です。その本の中にこのようなことが書いてありました。
 「私はね、地面に落ちたポップコーンをまた拾って食べるぐらい、綺麗な地面でゲストを迎えたいのです。私たちが自ら存在をあらわさなくとも、この地面の美しさが私たちの存在をあらわしていますよ。」
 私は、この言葉を読んでようやく理解することが出来ました。たとえ、その人の存在が見えなくても、この地面を見たゲストが「こんなに綺麗だということは、きっと誰かが掃除してくれたのだなぁ」とゲストが思うことによって、その人の存在が明らかになるのだと私は思います。
 私がこの話を通してみなさんに伝えたいことは、私たちの日常生活でも、このような自分の存在を全くあらわさない影で仕事をしている人たちがたくさんいます。その人たちがいるから、私たちが日々生活していけるのです。ですから、その人たちに感謝しましょう。その人たちのおかげで私たちが日々生きられていることに感謝して生きていきましょう。

 



2018年4月17日火曜日

めぐみ館通信 2018年4月15日 第95号

新しい出会いに感謝して

 2018年度、めぐみ館は39名でスタートしました。13名の1年生と、2年生も1名新しい仲間を迎え14名になりました。2,3年生は、後輩を迎える喜びと共に、先輩になる不安をそれぞれに抱えながら準備を整えてきました。入寮日前日の夜、2,3年生も出会いの時を心待ちにしながら、緊張感が伝わってきました。そんな気持ちも、1年生を迎い入れた瞬間に解消されます。毎年見られる2,3年生の姿ですが、凛とした表情の中に笑顔があふれ、前日とは違う大人びた様子を今年も側で見ることが出来ました。1年生にやさしさをいっぱい注いでほしいと願っています。
 悩みを抱える年代です。特に対人関係で悩むことも多くありますが、関わることでしか相手を知ることも、理解することもできません。価値観の異なる存在の中で、様々な経験を積み重ねながら、つながりを深めて、今持っている自分の世界を広げてほしいと思います。仲間と過ごす「寮生活」の中にそのヒントがたくさんあることに気づいてほしいと願っています。
 ご家族と共に、学校生活、寮生活を安心して過ごせるように、私も一人ひとりの幸せを願いながら、全力で関わっていきたいと気持ちを引き締めています。1年間どうぞよろしくお願いいたします。(小菅)

 

入寮礼拝~出会いの日~

0415_me34 0415_me42 0415_me43 0415_me46 0415_me47 0415_me48 0415_me57 0415_me58 0415_me59 0415_me60

 

2年生合宿(1部)~1年生を迎えるために~

0415_me13 0415_me14 0415_me15 0415_me16 0415_me17 0415_me18 0415_me19 0415_me20

 

2年生合宿(2部)

0415_me21 毎年、新2年生は一日早く帰寮をして、入寮してくる1年生を迎えるための合宿をします。1部は、掃除をして環境を整える。2部は、ミーティング。安心して1年生が過ごしていくために大切にしていきたい事等を話し合います。1年前に自分たちが書いた記録を読み返しながら、自分達の成長を振り返る時間も持ちました。元気あふれる2年生です。この一年、どのようにチーム力が深められ成長していくか楽しみです。(小菅)

 

 

 

 

0415_me22 0415_me23 0415_me24 0415_me25

◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇

 入学礼拝を終えた夜、のぞみ寮恒例の「対面式」が行われました。1年生の「のぞみ寮生デビューの日」です。一人でマイクの前に立ち、自己紹介をします。緊張に包まれた時だったと思いますが、全員クリア。出会いに感謝しながら、仲間たちと過ごしていきましょう。(小菅)

0415_me49 0415_me50 0415_me51 0415_me52 0415_me53 0415_me54 0415_me55 0415_me56